GTL燃料

〓GTL燃料とは 〓GTL燃料と軽油の比較 〓GTL燃料の導入方法 〓GTL燃料の価格・販売範囲 

GTL燃料とは

GTLは、Gas to Liquidsの略称。
天然ガス由来の製品であり、環境負荷の少ないクリーンな軽油代替燃料です。石油由来の製品と同等の性状を保持しつつ、軽油対比でCO2排出量を8.5%削減することが出来ます。

GTL燃料は、「オフロード」と呼ばれる公道ではない道で使用する、ナンバープレートの付いていない車両用として使用することが出来ます。
(例)建設機械・重機、フォークリフト、発電機、構内車両

GTL燃料と軽油の比較

軽油 GTL燃料
CO2排出量 多(2.58KG-CO2/L) 少(2.36KG-CO2/L)
セタン価 低(45〜60) 高(82.3)
寒冷地 △(種類によって異なる) ◯(〜-30℃)
少し黄色 無色
臭い あり 無臭
けむり あり なし
貯蔵期間 6ヶ月 4〜6年
  • GTL燃料はDiesel燃料と比較して、排出原単位で▲8.5%のCO2削減となります。
  • 軽油より高いセタン価(自己着火のしやすさ)を有し、着火性・始動性がよいです。
  • 寒冷地に強く、マイナス30℃の環境下でも使用可能。軽油の種類変更の手間が省ける。
  • 車両汚れの原因となる煙がでず、NOx、SOx、PM等、排ガスの低減効果が期待でき、環境負荷が少ないです。
  • GTL燃料は4年間状態に変化がなく、軽油より貯蔵期間が長いのが特徴です。

GTL燃料の導入方法

【基本的な流れ】

【軽油からGTL燃料に変更の場合】

【導入における注意点】

  • GTL燃料と他の油種を混和させない
  • 公道を走行する自動車(ナンバープレート有)の燃料として使用しない

GTL燃料の価格・販売範囲

【販売範囲】

愛知県全域(春日井市、名古屋市、岡崎市、豊橋市など)

岐阜県南部

三重県北部

※その他のエリアはご相談ください。

【販売価格】

配送地域・購入量・時期によって異なるため、お問い合わせください。

お問い合わせはこちら
^